指揮者 Conductor
高橋 利幸 Takahashi Toshiyuki



ニュースProfile
 
高校・尚美学園

 尚美高等音楽院基本科を経て同院教育科、専攻科卒業。千葉県立薬園台高等学校在学中に川村元子、高橋政江氏の薫陶をうけ音楽部の学生指揮者を務める。同時にフルートを長谷川博氏に師事。その後、尚美高等音楽学院教育科在籍までに指揮法を、池宮英才、長谷川朝雄、野内光明、谷 慶郎の各氏に師事。専攻科入学より桐朋学園大学指揮科講師の高階正光氏に師事し、卒業後も斎藤秀雄指揮法メソードによる指揮法の指導を受ける。

 高階正光氏が尚美学園を退職されたあとの後任として,指揮科講師に就任し四年間その任にあたる。その時の指揮科の学生としてレッスンを受けていた学生の中から、金子健司氏はリコーダーの講師としてテレビ等で活躍、また慶応高校から慶応義塾大学に進んだ久保光司氏は現在も慶応義塾マンドリンクラブの指揮者として活躍をしている。



合唱指揮

 同院在学中より女声合唱団コールメーティスの指揮者となり、青山タワーホールを中心に東邦生命ホール、日経ホール、安田生命ホール、日仏会館ホールなどでの演奏会の指揮をする。東京新聞、東京文化会館主催の都民合唱コンクールでは二度の二位入賞や毎年連続の奨励賞を受賞する。さらにNHKFМ放送の「オルガンとコーラス」に出演、中田喜直作曲合唱組曲「北の歌」を指揮、テレビの特別番組でも指揮をする。

 青山タワーホールにおいて「合唱指揮リサイタル」を二回にわたり開催し「蝶」「水のいのち」「美しい訣れの朝」「愛の風船」「心の四季」などの合唱組曲をとりあげ指揮をする。特に当時、無調を含む曲として演奏困難と作曲者自身が語っていた中田喜直作曲の合唱組曲「蝶」は難曲「蝶に挑む」とのタイトルで話題を集め、中田喜直氏のライナーノートでも紹介され、週刊オンステージ新聞では「珠玉の女声合唱」と評される。



スクールオーケストラ・吹奏楽

 尚美高等音楽学院卒業後は、母校の指揮科講師として後進の指導に当たる。また、船橋市立前原中学校、習志野市立第一中学校に勤務し、特に習志野市立第一中学校ではスクールオーケストラの指導者として全国学校合奏コンクール、TBSこども音楽コンクールに参加、合わせて全国優勝9回を数える。同時に内閣総理大臣賞、文部大臣奨励賞を受賞。このときの教え子に漆原朝子、寺井尚子、吉永雅人、林口眞也などがいる。

 1985年、中華全国青年連合会の招きにより中国を訪問、ウエーバー作曲「オべロン序曲」・モーツァルト作曲ピアノ協奏曲第26番「戴冠式」・ベートーヴェン作曲交響曲第5番「運命」のプログラムを指揮、北京、上海で演奏会を行う。中国青年報で「常に前向きに進もうとする指揮者」と評される。帰国後、柏市立柏中学校で吹奏楽の指導にあたり千葉県コンクールで金賞を受賞、120人の大所帯を率いる。



行政職

 1991年に千葉県で開催された「第6回国民文化祭ちば・91」の総務担当および音楽事業担当者として、千葉県庁企画部文化国際課において三年間開催準備にあたる。学校現場での一年間の勤務の後、再度行政職として財団法人千葉県文化振興財団に音楽担当者として配属される。その間に「東総の第九」「県民合唱団のレクイエム」の県民参加型事業を立ち上げ、現在までそれらの事業は継続して開催されている。



オーケストラ・合唱団・芸術監督


 習志野ユースフィルハーモニー交響楽団を創設し、日中親善友好訪中団として訪中、三年間の指揮者を務めた後に、ちば室内管弦楽団、女声合唱団「ねむの花」を創設、指揮者・芸術監督として現在にいたる。

 指揮者として、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキー、ムソルグスキー、ラフマニノフ、ショスタコーヴィチなどの古典派からロマン派、現代までの交響曲、管弦楽曲、協奏曲の指揮をよくするが、同時に三大レクイエムと称されるモーツァルト、ヴェルディ、フォーレの「レクイエム」や、ベートーヴェンの「荘厳ミサ曲」、マーラーの交響曲第2番「復活」、ヘンデルのオラトリオ「メサイア」、バッハの「ロ短調ミサ」、佐藤 真のカンタータ「土の歌」などの管弦楽付きの大規模な合唱作品の指揮も多い。中でもベートーヴェンの交響曲第九番「合唱付き」の指揮は十回を数える。

 最近は、紀尾井ホール、浜離宮朝日ホール、ルーテル市ヶ谷などでのオーケストラや合唱の公演をとおして、若い芸術家の育成プログラムに力を注いでいる。




教育音楽

 音楽科教諭として三市三校の中学校で音楽教育に携わる。音楽事業担当者として千葉県庁企画部文化国際課、財団法人千葉県文化振興財団において千葉県行政職を務める。一年間の教頭職を経て、小・中学校の校長として二市二町にわたり五校十二年間その任に当たる。2007年3月、音楽活動に専念するため早期退職をする。他の指揮者には例を見ない多彩な経歴を持ち、正に異彩を放つ異能の指揮者として飛躍を目指している。



音楽団体

 全日本小学校管楽器教育研究会 会長・理事長、東日本管楽器教育研究会 常任理事、千葉県吹奏楽連盟 参与・印旛地区 会長などを歴任。現在、学校法人尚美学園大学・尚美ミュージックカレッジ 理事・評議員、全日本小学校管楽器教育研究会 相談役、日本教育音楽協会千葉県支部 事務局長。



指揮法

 指揮活動と並行し、斎藤秀雄メソードによる「指揮法教程」の指導に力を注いでいる。故斎藤秀雄の指揮法メソードを正しく伝えるためのこの指揮法講座には多くの受講希望者を数えている。

 尚美エグゼクティブレッスン指揮法講師

 n-music planning office(エヌミュージックプランニングオフイス)所属
 http//n-music.jp
/ E-mail n-music@muse.dti.ne.jp