指揮者 Conductor
高橋 利幸 Takahashi Toshiyuki


徒然草−日々思う、あんなこと、こんなこと。−
 



*四百八十六段*<一人の人間として>2012.2.2

 大雪のニュースが、連日流れている。西高東低の気圧配置が、今冬は弛むことなく、鎮座している、という感じだろうか。

 気温の低さと空気の乾燥にプラスして自分の不摂生がかさなり、すっかり喉鼻がやられてしまった。
 もう一ヶ月になろうとしている。発熱はまだしてないので、今回は耳鼻咽喉科の治療を受けずに治そうとしているところだ。歯痛も始まり歯科医師の診断では、体力や免疫力が落ちていることで痛みが出ることがあるとのこと、体調を整えるようにとの指導を受けた。
 言われてみればその通りで、生活習慣を大いに改善しなければならない。

 十年前までは、雪が降っても、車のタイヤを冬タイヤにしてあったので、車の運転には支障がなく、普通に移動していた。その前までは、金属のチェーンをジャッキアップして自分で取り付けていた。それでドライブもしていた。雪が降れば、少しファイトが出てきたものだ。ところが、ここ数年は根性が無くなった。と思ううちに今年の寒さだ。自分の感覚が、おかしいのかと思い、少なくとも自分より若い人たちに今年の寒さを訊いてみたら、一様に「寒い」と言ってくれて安心した。

 オケの団員だった子が(中、高校生、大学の途中まで)、ドクターになり、大学病院の歯科医になっている。ずっと前から、歯科医になったら、自分の歯の担当をしてくれる話にはなっていたのだが、こんなに早くそうなるとは予想せず、去年から診察、治療をお願いしている。
これが、若いのに見事な歯科医振りで正直驚いた。診断、速い。そして的確。治療、速い。そして的確。天性の歯科医かと思わんばかりだ。治療の最中に寝てしまう。実に気持ちがいい。
先生と呼ばれていた教え子を逆に先生と呼ぶ。これも楽しい感じだ。待合室に、歯科医の先生が、先生お待たせしました。と呼びに来る。

 1月7日、15日にオケと合唱の公演があった。若手の演奏家、これからの作曲家の紹介という目標が達成できたので、安堵した。オケのメンバーも合唱団員も、それぞれの創立以来の活動の意を踏まえて献身的に努力してくれた。音楽をやっているのも、聴いてくださるのも、人間であることの認識はいつも必要だと思う。
 世界の出来事のすべての原点は、やっているのは人間だ、ということだ。

 世界で、日本で、どこかの県で、どこかの地域で、どこかの会社で、どこかの組織で、人間の作るものすべてのもとは、一人の人間だ。一人の人間としてどれくらい、つまりどのように生きられるのか、これは私にとっての大きな課題になっている。
 四百八十五段へ   四百八十七段へ